併催事業

※プログラムの講師・演題は変更になる場合があります。

基調講演

会場:幕張メッセ 国際会議場 国際会議室

11月29日[水]
10:30~11:30 「鉄道技術の現状と未来」

東日本旅客鉄道(株) 代表取締役副社長 鉄道事業本部長 川野邊 修

参加申し込み

特別講演

会場:幕張メッセ 国際会議場 国際会議室

11月29日[水]
15:00~16:00 「『N700S』における新技術の紹介」

東海旅客鉄道(株)  執行役員 新幹線鉄道事業本部副本部長・車両部長 上野 雅之

参加申し込み

11月30日[木]
14:00~16:00 「クルーズトレインのテクノロジー」
「TRAIN SUITE 四季島の技術革新」

東日本旅客鉄道(株) 運輸車両部 担当部長 車両技術センター所長 照井 英之

「TWILIGHT EXPRESS 瑞風のテクノロジー」

西日本旅客鉄道[株] 鉄道本部 車両部 車両設計室長 則直 久 氏

参加申し込み

セミナー

会場:幕張メッセ 国際会議場

11月29日[水]
13:30~14:30

T-01

201号室

言語:英語(同時通訳あり)

「フランスにおける先進的なバスシステムとトラム(路面電車)の紹介」

主 催:公益社団法人日本交通計画協会

Cerema (Centre for studies and expertise on Risks, Environment, Mobility, and Urban and Country Planning)
Urban roads and public space department, Senior advisor in Street design for urban transport 
Dominique BERTRAND

参加申し込み

13:00~16:15

T-02

103号室

言語:日本語(一部英語)

「運転士訓練のためのシミュレーターの世界~標準化との関わり」

  • 「運転士のヒューマンファクタ研究用シミュレータの開発と応用」

    日本大学 生産工学部 機械工学科 教授 綱島  均

  • 「東京メトロの取り組み」

    東京地下鉄(株) 人事部 総合研修訓練センター 所長 川上 幸一

  • 「Corys(仏)のシュミレーター」

    言語:英語(逐次通訳)

    Corys Commercial Manager John Madden

  • 総括:国際規格活動からみた訓練用シミュレータ

    独立行政法人自動車技術総合機構 交通安全環境研究所 鉄道認証室 専門調査員 渡邉 朝紀

参加申し込み

13:00~15:30

T-03

104号室

言語:日本語

「未来の交通システム」

共 催:東京大学大学院新領域創成科学研究科「先進ヒューマンモビリティ安全設計学」寄付講座

  • 「ITS技術を応用した鉄道の安全性向上への取り組み」

    独立行政法人自動車技術総合機構 交通安全環境研究所 交通システム研究部 主席研究員 長谷川 智紀

  • 「列車の運行制御はどう変わるか・変えられるか」

    公益財団法人鉄道総合技術研究所 信号・情報技術研究部 部長 川﨑 邦弘

  • 「鉄道信号システムの過去・現在・未来」

    東日本旅客鉄道(株) 鉄道事業本部 電気ネットワーク部 次長、信号システム管理センター 所長 川野  卓

  • パネルディスカッション

    [モデレータ] 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 特任教授 水間  毅

参加申し込み

14:30~17:05

T-04

303号室

言語:日本語・中国語(逐語通訳あり)

「日台鉄道産業交流記念セミナー」

主 催:一般社団法人日本鉄道車輌工業会・中華軌道車輛工業發展協會

  • 「日台鉄道産業交流に関する覚書の署名式典」
  • 「記念セミナー(規格開発の現況、教育活動の現況、今後の日台鉄道産業交流など)」

参加申し込み

11月30日[木]
10:00~16:30

T-11

201号室

言 語:英語(通訳なし)※質疑応答のみ通訳が入ります。

2017年度JICA課題別研修「都市鉄道の運営」アクションプラン発表会

主 催:JICA(独立行政法人国際協力機構)  協 賛:一般社団法人海外鉄道技術協力協会、フジサンケイビジネスアイ

参加国:Bangladesh、Cambodia、Egypt、India、Indonesia、Malaysia、Myanmar、Nigeria、Pakistan、Peru、Philippines、South Africa、Sri Lanka、Viet Nam

プログラムはこちらをご覧ください

JICAでは、開発途上国の都市鉄道会社や鉄道に関連した政府職員に対し約1ヶ月間の研修プログラムを行っています。このプログラムの終盤で設けられているアクションプラン発表会において、各国の参加者が、帰国後に日本で得た知識をどのように活用し母国の開発に役立てるかという行動計画を発表します。各国の鉄道における現状や課題について情報収集できる機会となっております。

参加申し込み

10:10~12:00

T-12

103号室

言語:日本語

「魅力ある民鉄をつくる!~最近の沿線価値向上策とブランドづくり~」

  • 「観光資源の活用と沿線の魅力作り、ブランド戦略」

    東武鉄道(株) 常務取締役 鉄道事業本部長 都筑  豊

  • 「魅力あふれる鉄道へ~地域開発と新たなブランド戦略~」

    西武鉄道(株) 取締役 常務執行役員 鉄道本部長 飯田 則昭

  • 「インバウンド効果と沿線開発」

    南海電気鉄道(株) 執行役員 インバウンド事業部長 福地 俊明

  • パネルディスカッション

    [モデレーター] 作家/エッセイスト 茶木  環

参加申し込み

10:00~17:00

開始時間が10:00に
変更になりました

T-13

101号室

言語:日本語

ITS/交通・電気鉄道合同研究会「鉄道、ITS交通一般」

主 催:一般社団法人電気学会

詳しいプログラムはこちらをご覧ください。

参加申し込み

13:30~15:00

T-14

103号室

言語:日本語

「鉄道と自動車の自動運転」

  • 「自動車の安全の取り組みと自動運転の技術動向」

    トヨタ自動車(株) 東京技術部 担当部長 加藤 昌彦

  • 「ヨーロッパの自動運転の現状」

    独立行政法人自動車技術総合機構 交通安全環境研究所 客員専門調査員 篠田 憲幸

  • 「日本における自動運転の現状と将来展望」

    東京大学大学院 新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 特任教授 水間  毅

参加申し込み

14:30~17:00

T-15

104号室

言語:日英・日仏(同時通訳)

フランス都市交通と鉄道
「フランスの革新的な都市交通ソリューション&機器」

主  催:フランス大使館 貿易投資庁―ビジネスフランス
講演企業:Corys社、Gravotech社、Meggitt社、Radiall社、Sphera社、Syntony社、Yellow Window社 他

お問い合わせはこちら:minoru.sakuramoto@businessfrance.fr

14:00~17:30

第3回レイルウェイ・デザイナーズ・イブニング

「鉄道とコミュニケーションデザイン」

第1部 基調講演&パネルディスカッション

14:00~16:00 303会議室 聴講無料

【基調講演】

  • [株]GKデザイン機構 取締役相談役 山田 晃三

【パネルディスカッション】

  • [株]アイ・デザイン 代表取締役 児山 啓一 氏
  • [株]ソーシャルデザインネットワークス 代表取締役社長 定村 俊満 氏
  • [株]ジェイアール西日本テクノス 車両事業部 設計部長 製造設計室長 大森 正樹 氏

モデレーター:近畿車輛[株] 取締役 南井 健治 氏

第2部 ショットガンセッション&情報交流会

16:10~17:30 304会議室 一般 5000 円 学生無料

参加申し込み

12月1日[金]
12:00~13:30

T-21

104号室

言語:日本語

「試験線セミナー」

  • 「東京大学千葉試験線とMIHARA試験センターの概要」

    東京大学 生産技術研究所 教授 千葉実験所長・次世代モビリティ研究センター長 須田 義大

  • 「MIHARA試験センターを活用した『脱線しにくい台車』の機能実証試験」

    公益財団法人鉄道総合技術研究所 鉄道力学研究部 車両力学研究室 主任研究員 鈴木  貢

  • 「試験線の将来展望」

    一般社団法人日本鉄道車輌工業会 専務理事 佐伯  洋

参加申し込み

「試験線」エクスカーション

12/1[金]実施① 東京大学 生産技術研究所 柏キャンパス ITS R&R実験フィールド・千葉試験線2.0

参加者:30名程度(抽選制、※当選者は11/6[月]までにメールにてご連絡させていただきます

募集締め切り:10/31(火)

13:45~15:15 チャーターバスにて幕張メッセ→柏の葉キャンパスへ移動※1時間~1時間半
15:15~16:15 東京大学千葉実験場 見学
16:30~17:30 バスで東京大学 柏キャンパス→柏の葉キャンパス駅→東京駅(現地解散)

参加申し込み

12/2[土]実施② 総合交通システム検証施設 MIHARA試験センター

参加者:30名程度(抽選制、※当選者は11/6[月]までにメールにてご連絡させていただきます

募集締め切り:10/31(火)

※最寄の広島空港、JR三原駅までは参加者各自にてお越しください。

12:20~13:15 チャーターバスにてMIHARAまで移動
12:20広島空港→13:00JR三原駅→13:15MTC到着
13:30~16:00 総合交通システム検証施設 MIHARA試験センター 見学
16:10~17:05 チャーターバスにて16:10 MIHARA→16:25 JR三原駅→17:05広島空港

参加申し込み

13:30~15:50

T-22

101号室

言語:日本語

「駅を中心としたまちづくりにおける各社の取り組み」

  • 「駅を中心とする魅力あるまちづくり」

    東日本旅客鉄道(株)事業創造本部 開発推進部門 部門長 鈴木 万寿夫

  • 「東京メトロにおけるまちづくり連携の取り組み」

    東京地下鉄(株)常務取締役 望月 明彦

  • 「小田急線の特徴とまちづくりの方向性について」

    小田急電鉄(株) 執行役員 開発企画部長 黒田  聡

  • 「駅から始まるまちと未来 ―まちづくりを支える技術―」

    (株)竹中工務店 執行役員 佐藤 清吾

  • パネルディスカッション

    [モデレーター] 作家/エッセイスト 茶木  環

参加申し込み

10:00~12:00

T-23

103号室

言語:日本語

  • パネルディスカッション

「鉄道の未来~鉄道・運輸機構が公的技術集団として期待される役割」

主 催:独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構

参加申し込み

13:00~16:00

開始・終了時間が変更になりました

T-24

103号室

言語:日本語

  • 講 演

「鉄道の運行を実現する各種技術」

主 催:独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構

【プログラム】

鉄道の運行を実現する各種技術①(土木)

  • トンネルの建設技術(15分)
  • 橋梁の建設技術(15分)

鉄道の運行を実現する各種技術②(軌道・電気)

  • 高速鉄道を支える軌道構造の変遷(15分)
  • 整備新幹線の電気設備~高速化を支えるキーテクロノジー(15分)

鉄道の運行を実現する各種技術③(防災)

  • 知られざる青函トンネル~長大海底トンネルを支える技術(15分)
  • 震災に耐えた鉄道構造物(15分)
  • 東日本大震災で被災した三陸鉄道の復旧(15分)

鉄道の運行を実現する各種技術④(調査)

  • 鉄道新線開業による人口動態変化の分析(30分)

参加申し込み

9:00~17:30

国際会議室

言語:日英(同時通訳)

Pan IIT Convention 2017:"Progressing on Sustainable Partnership"

主 催:インド工科大学 同窓会 日本支部
参加費:一般 5,000円、学生 3,000円(セミナー、シンポジウム、情報交流会の参加を含みます)
※申込・詳細は ホームページ(iitjapanconvention.com)をご確認ください。

※聴講無料となります。

このページのTOPへ